ロバート・ロダット:戦争:プライベート・ライアン [DVD]−ユルコロ情報

プライベート・ライアン [DVD]


 感想

商品説明

 ???激烈を極めたノルマンディ上陸作戦で、3人の兄を亡くしたライアン2等兵。彼を無事に故郷に送り届けるため、8人の特命隊が組まれた。軍上層部のこの命令に疑問をもちながらも、8人は過酷な戦況をくぐり抜けてライアンを探す。
???「1人の新兵の救出に、8人が命を賭ける価値があるのだろうか?」この重圧なテーマに、スティーヴン・スピルバーグ監督とオスカー俳優トム・ハンクスがのり、アカデミー賞5部門を始めとする各賞を独占した。
???ラストまで息がつけない迫力の戦争スペクタクルだが、特に冒頭の30分を占めるノルマンディ上陸シーンは、映画史に残る衝撃的な映像だ。あまりの恐怖に、「夢に出てきて夜中うなされた」という人も多い。ハンクスを含む8人が実に個性的に描かれているだけに、彼らの死に胸が痛む。ライアン2等兵は、マット・デイモンが演じている。(小谷幸江)




【プライベート・ライアン [DVD]の商品情報】
脚本:ロバート・ロダット
メーカー:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
eanコード:4988113757317
ジャンル:dvd
製品種別:DVD
状態:New
売値:¥ 1,500
中古価格:¥ 925
発送状況:在庫あり。

Amazonを見る見る
 Amazonは1500円以上で送料無料!!
プライベート・ライアン [DVD][ユルコロ情報]
↑詳細を見る見る 



プライベート・ライアン [DVD]関連

 プライベート・ライアン [DVD]の商品紹介&感想
 感想

これは何回見ても

 感動しますね…
最初の上陸は悲惨すぎる…
最後も悲しい…
これは是非とも買ってみては???


 感想

戦争を否定も肯定もしない、リアルを極限まで表現しきった映画

 凄まじかったです。。
戦争に関して、少なくともこの映画を観た直後には安直に良いとも悪いともいえません。
経験していない自分如きに、否定する権利は有るのか。ただ「沢山犠牲になるから」と言い捨ててしまって良いのか。
ですが決して肯定してはならないことだと、それだけは確かに言えます。

これは戦争を肯定した映画では間違いなくありません。
かといって、否定した映画でも有りません。
戦場のシーンはそこに感情は無く、ただただ現実を表現しきった映画です。
これを観て戦争を素晴しい物と捉える人は、たった一人もいないでしょう。

スピルバーグ監督の底なしの想像力、感服しました。
観る前はスピルバーグ監督?と思いました。自分にはETや宇宙戦争等、SFのイメージが強かったので。
ですが観ていると成る程、確かにスピルバーグっぽい(?)映画だなと感じました。
何か具体的に言えませんが、独特のそれは感じられました。きっとそれがスピルバーグ監督の魅力なんでしょう。

ストーリーに関してですが、確かにこれは荒唐無稽です。映画として最小限の味付けしかしていない、とも言えますでしょうか。

8人の精鋭が1人を助ける。それも二等兵。ですが、これはたったそれだけで終わるヒーロー映画ではありません。
寧ろ、たった一人の為に8人が命を賭け、事実何人か犠牲になり。
そこまで一人の命に価値が有るのだろうか? 戦場において、一人の命の重さとは一体何なんだろうか?

そのテーマを打ち出すための物だと、自分はそう解釈しました。
それは中隊長の出発前夜の言葉に表れていると思います。
事実、ライアンの命に何人もの犠牲を払って救う価値は有るのか?
その疑問を8人は常に抱え行動しています。正義感から助けるのでは無く、任務だから、と。

戦場のシーンですが、特に、冒頭の30分。それは凄まじい物です。
観ていて震えるほど、常に眉間に皴が寄るか、口を開いているかどちらかでした。
正に地獄絵図。思わず手が祈りの形になる程緊迫した物で、戦争映画でこのシーンを超える物ではないでしょう。
最後の迎撃戦も一瞬も気が休まる時が無く、食い入るように魅せられていました。
ハンディカムを使ったのは大正解ですね。素晴しい発想です。

ラストで中隊長が言う、「お前の犠牲になった何人もの命を抱えて、しっかり生きろ」
そしてライアンが言う、「中隊長の言葉を一日も忘れたことは無い。その為、一生懸命に今日まで生きてきた」
「僕は良い人間なのかな。価値のある人間なのかな。」
これは、極限まで戦争のリアルを表現しきったからこそ重みが出る言葉です。

自分は今まで、そして今も戦争の中に居る人よりも今を生きるのに相応しいんだろうか?
先人が今の人の平和を願い戦って築いた今を、自分に生きる価値が有るのか?
そう、考えさせられずにはいられない作品です。。
終わった後、エンドロールの間ずっと泣いていました。感動という感覚ではなく、押し出されるような涙を。

是非、一度観て下さい。一度、本当に近い戦争の凄惨さを感じてみてください。
その痛みを知らない自分達だからこそ、観る価値の有る映画だと感じました。


 感想

市街戦の最高峰

 映画で見る市街戦、特に第二次世界大戦終盤の欧州には独特の雰囲気がある。美しかった町並みが廃墟と化した中での白兵戦は「史上最大の作戦」「遠すぎた橋」「スターリングラード」などに名場面として残る。そして「プライベート・ライアン」でも独軍戦車が瓦礫の山を乗り上げ、米軍側の手製爆弾や火炎瓶が炸裂する。特に独軍の20mm機関砲と米軍の狙撃銃の描き方が秀逸だ。20mmは障害物も貫通して炸裂するので米軍は片っ端からこれに殺されていく。他方、高所から狙い撃ちする狙撃銃も多くの独軍兵士を倒す。1挺の威力は「スターリングラード」でも描かれた。映画の起承転結はいかにもで、米国人だけのヒューマニズムが主軸。そして、インディアンに攻められ、最後の最後に騎兵隊が助けに来る、といった副軸がお定まりの形式。ウンチクを言わせて頂くと、ソ連映画にもよく似た筋の戦争映画があります。


 感想

戦争映画が好きな人は

 ほとんどが戦うシーン。

戦争映画が好きな人にはたまらない。と思う。


 感想

リアリティ⇔イマジネーション プロとは?

 義務教育時に平和教育を受けた。
戦争は良くない、平和が大切というスローガンよりケロイドの写真が戦争への嫌悪感を
植え付けた。どれも白黒の白昼夢を見てるようだった。

スピルバーグのディテールや強度への拘りと執着が真に迫ってくる。この作品はエグイ。
冒頭の戦闘を冷徹なまでに突き放して、その場で起こったであろうことを記述していく。
歴史家のようにストイックなプロの態度で。
カラー故、平和教育の映像よりリアリティを感じてしまう。
しかし、これもリアリティでは無い。
その場の空気感や臭いや感情を商品にパッケージするのは無理だ。
自分の想像で近づくか実際に体験するしかない。
体験はしたくない。
スピルバーグはリアリティに限りなく近い映像を皮下に打ち込むことにより想像力を喚起している。
まるで、ケロイドや原爆で溶けた人間の写真を見た時と同じ作用が出るように。

ノルマンディー上陸後、ライアン二等兵を救出する物語。
ファシズム対民主主義、国家の存亡を賭けた戦いというような大時代的ではなく、
よりミニマルな視点で物語は進む。

ミラー大尉の部隊は国家からかなり不条理なミッションを与えられる。
不満は各々あるが、職業軍人として命令に従い、任務に赴く。
彼等の動機は国家やイデオロギーから遠く離れた所にあった。

奥さんに胸を張って会う為に戦うミラー大尉とホーヴァス軍曹。
父の手紙をしたため、仲間に託すカパーゾ一等兵。
母との思い出を語り、母の名を叫びながら死ぬメリッシュ一等兵。
圧倒的に不利な形勢でも逃げず戦う隊員達。
極めつけはライアン二等兵。
母の元に戻りたいが、ここで一緒に戦っている仲間が兄弟だと言って激戦地に残る。

戦争は大きな事象だが、各々の構成員は凄くミニマルな動機で戦っている。
職業に対するプロとしての責任感や家族や仲間を大切に思う心。
これは戦場以外でも大切な徳目。

ミラー大尉達のようなアメリカ人がアメリカの発展を支えてきた。
この作品はベンジャミン・フランクリンの13徳が体現されているようだと思った。

現代の経営者・金融ブローカー・飽くなき消費者・寄せ集めの軍隊等は、
むしろアメリカの伝統から外れているのでは?と思った。
蛇足ですね。

最も好きな映画の一つです。


 感想

映画史に残るリアル,非情,残酷な戦闘。『私の人生は,これだけの犠牲に値するものだろうか』

 冒頭の20分にも及ぶノルマンディ上陸を描く戦闘シーンが圧巻、必見!!
上陸突入する兵士たちを待ち受け、次々と浴びせかけられる銃弾の雨は、
名も無い彼らに容赦なく無感情に降り注ぎ、観ている者は、まさに阿鼻叫喚を体験する。
劇場では優れた音響効果から、銃弾が耳元をかするような音もして、その場にいるような臨場感がありました。
(海中にまで、網の目のように射し込む銃撃の描写もすさまじい。)

その後、実話を基にしたストーリーは一兵士の救出作戦を描きますが、それは単なる人道主義だけではなく、プロパガンダ(戦意高揚のための国の政策)。
「国のために犠牲になれ」よりも「一兵士でも国が救うから共に戦かおう」のほうが、結果的には遥かに大きな効果があるという計算。
果たしてライアンは無事救出できるのか、1人の救出のためにそこまで犠牲にする必要があるのか、
もし、多くの犠牲を払ってライアンが救出されたとしても、彼はそれをすべて背負って生きることができるのか。

いろいろと考えさせられる映画です。

冒頭の「映画史に残るリアルな戦争描写」があってこそ、この救出作戦も現実的に浮かび上がるのか。
恐るべしスピルバーグ。


 感想

映画の傑作

 この映画は他の戦争映画とは全く違う。戦争を美化するものではなく、リアルな世界を築いていた。戦争では、ヒーローが生き残るのではない。偶然や奇跡が重なった人が生き残る。それを言葉ではなくて映像で見せつけてきた。そほ技量はさすがと言うべき。
兵士一人一人の言葉に堪えきれないものを感じた。それは恐らく私も兵士のように戦争への恐怖を感じていたからなのだろう。


 感想

戦争映画Best3に入る秀作。

 そもそも戦争映画に順位をつけるのも甚だおかしな話かもしれないが、この映画が優れてる
のは、どちらか一方を正義にみたてて偏ってないところ、戦争の不条理さ、軍の命令の
不条理さ、人間の脆さ・強さ、を描ききってる所だ。しかも、涙を流させるまでの感動作に
もっていけるところがスピルバーグの凄さ。

戦場のシーンはあまりに臨場感があって、あっというまって感じですよね。とにかく音の
こだわりはすごい。

そして、たった一人の二等兵を救出する為に、生まれる男達の葛藤と友情には胸が熱くなる。
キャスト陣の頑張り、特にアパム伍長を演じた、ジェレミー・デイビスは秀逸。
もし一般人が戦場にいけば間違いなく彼みたいに怯えるか、気が狂うだろう。そんな極限の
心理状態を見事に演じきってる。自分が逃がした捕虜が皮肉にも戦前にいる、そしてそれを
見つめる、あの顔・・・鬼気迫る演技力が素晴らしい。


 感想

 この映画は観る方によって様々な意見に分かれるでしょう。

私が戦争映画を観る際に、最も気にする部分は、偏った描き方になっていないか、ということです。

ともすれば片側の国を悪役にして、ヒーローのように描く映画がありますが、それは個人的に納得できない。

やってることは人殺しな訳で、それを正当化するのは倫理的にもおかしい。

この映画はアメリカの映画ですし、当然アメリカ目線で描かれています。ドイツ兵も敵として現れます。しかしアメリカ兵を正義の味方のように描いているかといえば、そうでもありません。

象徴的なのは、手を挙げて(恐らく)命ごいをしながら降伏しているドイツ兵2人を、アメリカ兵が射殺し嘲笑するシーン。

あれはアメリカ人が観ても、いい気持ちにはならないでしょう。

エンターテインメントとして観客を退屈させないように、ドンパチはやります。主人公達はドイツ兵を沢山殺しますが、アメリカ兵にもかなりの死者がでます。

観てる側には虚しさしか残りません。
どっちがいい悪い等はありません。

ただのドンパチ映画とみれば、派手なだけと映るでしょう。

ですが人の傷みや家族を失った遺族の傷みを考えながら観れば、伝わるものが全く違うと思います。

私個人の意見としてこの映画は、人の死を無惨に描くことで、命の大切さを伝えているのだと感じました。


 感想

子供に見せるべき

 戦争の不条理さ、リーダーの苦悩、男の成長、戦友の友情、敵味方の相克
などなど戦争映画の全ての要素を盛り込み、また徹底的にディティール・
リアリティにこだわりつつも多少の娯楽性もバランスよく調合された戦争映画
の傑作です。

冒頭の上陸用舟艇の扉が開いたとたんに激しい機銃掃射でなぎ倒される
シーンは人間の柔らかさと鉄の固さの表現に戦慄をおぼえました。

俳優のキャスト、演技もすばらしいです。(特にヘナチョコ兵士担当のアパム伍長)
現時点、「地獄の黙示録」と双璧をなす戦争映画の最高峰です。

子供は美化された戦争映画や残酷さがオブラートに包まれた戦争映画
を見る機会が多いと思うので、戦争の現実を本能的に感じ取らせること
を目的として全ての小学校高学年〜中学生には必須で見せるべき映画
と思います。


 感想

リアルな映像

 冒頭の戦闘シーンは圧巻であり、非常にショックを受けた。トムハンクスが引きずる下半身が吹き飛ばされた仲間。頭にまともに銃弾を食らった死んだ兵士。多くの血が流され、赤く染まった海岸線。余りにもリアルで。内容的には兄弟が次々に死んでしまった末弟だけでも生きて親元に帰還させるという極めて特異なもの。自分の命を犠牲にしてでも忠実に任務を遂行するトムハンクス。理解しがたい命令の内容を知った時にの戸惑う部下たちとの軋轢。見応えのある好きな作品の一つです。


 感想

いまを生きるということ

 「1人の新兵の救出に、8人が命を賭ける価値があるのだろうか?」

その1人が自分の分も精一杯生きてくれるなら、命を賭けて救う価値はあるのではないでしょうか。

ライアンを救うために、6人の兵士が犠牲となりました

しかしライアンは戦後6人の子供を儲け、自分を助けてくれた6人分の人生をしっかりと歩んできたのだと思います。

ミラー大尉の最後の言葉

「無駄にするな」

これはライアンにだけ宛てた言葉ではないと思います

私達は多くの犠牲のもと、この平和な世を生きています。

過去の大戦で亡くなられた方々の分も私達はしっかりと生きていかなければならないのです。

私はこの映画を通し、そのように感じました。




 感想

残酷戦争ショー。

 冒頭のオマハビーチの場面で繰り広げられる地獄絵巻。戦争による人体損傷がこれでもかと描かれることによってこの映画は戦争映画を超えた恐怖映画として記憶されます。感動大作では決してない戦争による残酷のカタルシスが延々と繰り広げられる怪獣映画やアニメのような興奮をもたらす純粋映画です。もう最高。


 感想

単なる戦争映画としてだけではなく

 映画や文学を評価するにあたって、その背景にある思想や文化が自分の好みに合わないからといって悪い評価を下すというのは不当であり的外れである。かつてレニ・リーフェンシュタールというドイツの記録映画作家がナチスドイツのプロパガンダ映画を製作したということで、彼女の映画まで酷評されたことがあったが、彼女に対する批判ならばいざ知らず、その映画の質までに悪評を与えるのは思想や表現の自由を迫害するものであり、傲慢かつ危険である。

プライベート・ライアンを見て戦争を賛美していると思うのは自由であるが、少なくともこの映画には戦争の悲劇がしっかりと描かれている。それはそのリアルな映像にもはっきりと現われているし、物語自体にも歴然としている。だからこそこの映画は単なる戦争映画としてだけでなく、人間ドラマとして秀逸なのである。スピールバーグは時に甘い映画を撮ることで知られているが、この映画は恐らく彼の映画の中では「ジョーズ」と並んで最高傑作と呼んでいいのではないか。映画を見終わった後で、しばらく座席から立てなくなるような映画は、そう多くあるものではない。この映画はそういった映画の一つである。

最後になったが、この映画のプロットは決して非現実的ではない(実話に基づいているのではないだろうか?)。アメリカという国、そしてアメリカ軍を少しでも知っている者なら、映画の中のような命令が実際に下されて、その為に兵士が犠牲になったとしてもまったく不自然には思わないだろう。


 感想

崩れた廃墟の美しさ

 プライベート・ライアンで検索すると類似品がヒットしすぎて区別がわからなかったので、在庫があるこれを購入しました。
この映画を見た戦争体験者が当時をフラッシュバックしたという逸話を聞いて興味はありましたが、そもそもプライベート・ライアンという題名にインパクトを感じず、戦争映画じゃなくて反戦映画なのかなという先入観はありました。
ですが実際に見てみれば、確かに反戦メッセージを含んでいますがそれも娯楽の味付けと思えるほど映像が圧倒的でした。

ストーリーは家族と墓参りに来た老人の回想から始まり、ノルマンディー上陸戦へ。
兵隊を乗せたボートを浜辺に上陸させて要塞を攻めますが、浜辺全域に設置された障害用ブロックを背景に、浜辺、要塞から互いの全景を写しつつ始まる銃撃戦は圧巻。
爆弾の衝撃で吹き飛ぶ土砂が半端なくリアルで、衝撃で画面がぶれて土砂が画面を覆いつくしたときは撮影者がその場にいるかのような臨場感です。
やがて流れ出た血がだんだんと海を赤く染めていくのが見えたり、人の死体にまじって魚の死骸が浮いていたり、
腕を吹っ飛ばされた人が訳もわからず自分の腕をさがす様子は、今までの戦争映画と一線を画していると思いました。

前評判ではノルマンディー上陸戦だけが有名ですが、最後まで大規模な戦争が続きます。
特にラストの、廃墟と化した市街戦での映像は思わず本物の戦争だという迫力で、遠くから戦車のキャタピュラ音が響き、一面コンクリートの破片の中、背景には立ち上る白煙、廃墟の壁には銃弾が絶えず食い込んで粉を吹く。
これは戦争を知らない私が言えるセリフじゃありませんが、この映画は本当の戦争といえる迫力でした。

そして、この映画を見ていて一番斬新だったのがバック音楽が一切入っておらず、ありのままの音と映像だけで表現していることと、カメラの表現の仕方です。
よく臨場感を高めるために別アングルのカットを繋げたりしますがこれには一切それがなく、画面切り替えを極力避けて方向転換だけで全景を写し続け、兵隊と一緒にカメラが動き、爆弾の衝撃で画面がブレるなどさながらFPS(一人視点銃撃ゲーム)をプレイしているような感覚さえ起こり、撮影者が本当にその場にいるような独特の臨場感があります。

映像は他に比べようの無い迫力ですが、ストーリーが進むにつれて冒頭の老人の正体がわかってくるんですが、回想の中では主人公は別の人物なので、戦争と最後の老人のつながりが少し薄かった(感情移入ができなかった)のが惜しいと思います。また、このDVDは吹き替え用字幕が入っておらず、作中でたびたび登場するドイツ語が翻訳されず、なんていっているのかわからないのも残念です。


 感想

ライアン二等兵を助けなれば、世界の歴史は変わっていた!!

 なぜ一介の二等兵を助けに行くのか分からないという意見がきかれる。こんな作戦ありえないと思われがちだが、実際には実にありそうな設定である。第二次世界大戦時のアメリカでは国内で強烈な反戦運動あり、国民の大半は戦争への参加に反対していた。アメリカ人にすれば地球の裏側で起こった戦いに、なぜ愛する子供たちを送り出さねばならないのか?ということだ。しかし、アメリカ政府としては政治的な視点から是が非でも参戦したかったのだ。そうした国民感情を払拭させたのが日本軍による真珠湾奇襲攻撃であり、ドイツ軍潜水艦によるアメリカ客船の攻撃(後にアメリカ政府による捏造事件と分かる)であった。太平洋戦争で疲弊していたアメリカは欧州戦線へ参加することにも国民は納得していなかった。もし、映画のようにライアン4人の兄弟の死が新聞報道でもされれば、アメリカ国内での反戦意識が復活し戦争継続に支障があることは間違いない。(アメリカは民主主義だし、何せ戦争の為の軍事費用は国民の軍事国債で賄っていたからだ…)トムハンクスが劇中で救出作戦を「これは広報活動だよ」と言った理由はここにある。つまり、1人を救うこと、それで戦争継続の障害を取り除き、ヨーロッパ世界を救うことになるのだ。この映画の脚本は架空のものだが、当時実際に似たような事件が起こっている。4人の兄弟兵士の内、3人が戦死したのでアメリカ政府は慌てて残りの1人を国内へ帰還させている。ドイツを倒さねば、ドイツはいずれソ連に負けてオセロのようにヨーロッパは共産圏になる。それをアメリカは恐れた。その焦りが後のマーケットガーデン作戦(映画「遠すぎた橋」)のような無理な作戦を生み出した。歴史的な背景を知ればよりリアルに観られる映画である。二等兵ライアンを一人を救ったことで「世界は変わった」という話は実に面白い。しかし、これは実話ではない。後にスピルバーグがプロデュースし、クリント・イーストウッドが監督をつとめた「父親たちの星条旗」で「あの星条旗をたてる」1枚の写真がなかったら…、日本の無条件降伏はなったという実話につながっていくのだろう。真実は小説より奇なりである。


 感想

なんで現場に血が流れるんだ!!

  最初の上陸作戦の場面の壮絶さに打ちひしがれた。戦争怖い、戦争反対、自分なら逃げ出したい。戦場の恐怖をリアルに感じながらそう思った。あんな絶対的な絶望とも言える状況で前へ進むことは、自分ならできない。
 浜辺に横たわる損壊した無数の兵士の死体と、打ち上げられた魚の死骸。戦場ではそれらは並列の存在であるかの様に見える。
 そして上陸作戦成功後、軍幹部からのライアン二等兵一人(4人兄弟で他の兄弟は皆戦死。母が悲しんでいる)をわざわざ救出して帰還させろとの指示。最初はなんでわざわざ、兵士一人を救うためにより大きな犠牲を払う選択を政府がするのかわからず、映画に対して興ざめしそうになった。だが、国の広報活動(国内世論が戦争反対に傾かないように)のため、とわかると納得した。
 そして、任務に選ばれた兵士たちは、ある者は不条理を愚痴りながら、ある者は自分自身と家族への誇りのために、任務に取りかかる。そして当然、幾人もの戦死者が。。
 けっして、兵士たちがアメリカ国家のために戦った。というような、アメリカ万歳の映画ではない。最初から最後まで、嫌な思いが消えない映画。世界の現実を、世界の成り立ちをこれでもかと見せつけられた。「スビルバーグと言えばジュラシックパークの人」という自分のイメージは180度変えられた作品。映画の最後には、星条旗を裏側から撮るという演出が。スビルバーグ氏の態度は徹底しています。


 感想

キャプテン・ミラーよ永遠に!

 とても残念なのは、愛すべきキャプテン・ミラーを最後に死なせてしまった事。しかもくっさいセリフとともに。これはどうしても納得いかない。あの名軍師勘兵衛だって最後まで生きたじゃないか。そして名セリフを残している!これでまたスピルバーグは「七人の侍」を超えることはできなかった(彼が新作を撮る直前にいつも必ず見ている映画が黒澤明の「七人の侍」というのは有名な話)。その他の点では彼の集大成といえる作品。ただ最後が駄目なので最高傑作は今のところ「シンドラーのリスト」かな?ただこれだってあの名作「生きる」には遠く及ばない。
最後、リアリズムとはほど遠くあまりにもグッドタイミング的にやってきた援軍は、皮肉っぽく解釈すればアメリカが日本やドイツに勝てた理由が自由だの民主主義だのといったこととは何も関係がない、単に物量で勝っていたにすぎないということを象徴しているようで面白い。まるでこのラストは「コンバット!」そのものじゃないか!要するにこの映画は「コンバット!」の豪華現代版ということで、それ以上でもそれ以下でもないということだ。だからこそよけいにミラー大尉を死なせるべきではなかった。そこがスピルバーグの中途半端なとこ。彼は最後まで「語り部」であり「目撃者」であり続けるべきだった。
ただしいっておくけど、内容の質の高さ(ヒューマニズムとそれに相反する戦争の不条理性との葛藤)では本家が優っている。カネかけりゃいいものができるとは限らない。


 感想

第2次大戦を再考させた映画。

  今までのWorldWar2映画だと圧倒的に連合軍善者、ドイツ軍悪者という視点しか描かれていなかった。それをもっと1人の個人レベルで、戦争という極限の状況下での個人、ドイツ軍も連合軍も「これが戦争だから」という視点で捉えた映画。やはり最初の20分あまりの上陸戦闘シーンの描写はすごい。スピルバーグにとってもこのオープニングはかなりの挑戦だったろうと思う。あと撮影方法も特筆に価します。わざと色彩を落としたカラーで、爆発で土などが吹き飛ぶシーンも工夫してまるでドキュメンタリー感覚。もしイラクやアフガニスタンで1日でこれだけのアメリカ兵が死んだらアメリカ中はパニックになるだろう。
 やがて映画の本題「ライアン2等兵を救う」任務に向かう事になるが道中での過程の中で別人のライアンが出てくるところなど「あ〜、きっとここで観客に張り詰めすぎた緊張感を解くユーモアをいれたんだろうな」という思惑が手に取れてしまう。それと喋りながら狙撃する事は集中力を欠くので不可能です。せっかくリアリティを重視したのにここだけは劇画的。最後の闘いもちょっとアメリカ軍が強すぎるような気もしました。
 しかしいつの時代でも組織に属する1個人なんて容易に抹殺される。戦争であろうと会社であろうと。見終わった後、果たして今の時代と当時の組織論とどこに違いがあるのだろうと考えさせれる映画でした。象徴的な星条旗を裏側から撮るシーンでした。


 感想

焦点がいまいち・・・

 最初とラストは泣けましたが、結局、ライアンを助けることがメインテーマなのか、単に戦争映画を作りたかったのか、焦点がぼやけているようで、ちょっと残念でした。戦争映画なら、実際にベトナム戦争で従軍したオリバー・ストーン監督の「プラトーン」(ちょっと古い映画ですけど)のほうが、よりリアルな戦争の姿が描いてあると思います。


 感想

二等兵を救出を命じたもの

 二等兵をなぜ精鋭8名が救出するのか。全く不合理です。彼らが1人のために死んでいく理由は「戦争遂行政策」の政治的観点では「合理的」です。

彼らが釣り合わない死を迎えるのは、映画の冒頭の陸軍大臣(?要するにお偉方)の命令の故です。一人の母親が息子3名が戦死で失う。これは国家の戦争遂行にとって障害になるから、残された一人の息子の救出に精鋭7名(他の1人は通訳で精鋭とは言えない)を向かわせたということです。彼らは、無駄死にではなく戦争遂行の国策のためのコマにほかなりません。

この設定が、本来、ナチスとたたかう米国の「自由のための正義の戦争」を、うさんくさいものとして描いているのです。これが素晴らしい設定です。戦争映画にありがちな勧善懲悪ものになっていません。この意味で、この映画は単なる「反ファシズム映画」でもなく、米国「国威発揚映画」にもしていません。他方で、そこで闘って死んでいく兵士たちをプライドと崇高さを描いており、女子供の「反戦映画」にも堕していません。

まさに由緒正しい「戦争映画」です。

若者が大人になる姿と、中年になった男の生き方と死に方と「誇り」を教えてくれる映画です。




写真&画像

Sexyな美脚の画像
Sexyな美脚の画像(1枚目)  Sexyな美脚の画像(2枚目)  Sexyな美脚の画像(3枚目)  Sexyな美脚の画像(4枚目)  Sexyな美脚の画像(5枚目)  Sexyな美脚の画像(6枚目) 
エロくてSexyなメイドのコスプレ画像色々!
エロくてSexyなメイドのコスプレ画像色々!(1枚目)  エロくてSexyなメイドのコスプレ画像色々!(2枚目)  エロくてSexyなメイドのコスプレ画像色々!(3枚目)  エロくてSexyなメイドのコスプレ画像色々!(4枚目)  エロくてSexyなメイドのコスプレ画像色々!(5枚目)  エロくてSexyなメイドのコスプレ画像色々!(6枚目) 
ホットパンの画像です!ホットパンツフェチにはたまらない画像盛り沢山!
ホットパンの画像です!ホットパンツフェチにはたまらない画像盛り沢山!(1枚目)  ホットパンの画像です!ホットパンツフェチにはたまらない画像盛り沢山!(2枚目)  ホットパンの画像です!ホットパンツフェチにはたまらない画像盛り沢山!(3枚目)  ホットパンの画像です!ホットパンツフェチにはたまらない画像盛り沢山!(4枚目)  ホットパンの画像です!ホットパンツフェチにはたまらない画像盛り沢山!(5枚目)  ホットパンの画像です!ホットパンツフェチにはたまらない画像盛り沢山!(6枚目) 
デニムのミニスカート画像!
デニムのミニスカート画像!(1枚目)  デニムのミニスカート画像!(2枚目)  デニムのミニスカート画像!(3枚目)  デニムのミニスカート画像!(4枚目)  デニムのミニスカート画像!(5枚目)  デニムのミニスカート画像!(6枚目) 
自然が一番!普通に可愛いこの画像の数々
自然が一番!普通に可愛いこの画像の数々(1枚目)  自然が一番!普通に可愛いこの画像の数々(2枚目)  自然が一番!普通に可愛いこの画像の数々(3枚目)  自然が一番!普通に可愛いこの画像の数々(4枚目)  自然が一番!普通に可愛いこの画像の数々(5枚目)  自然が一番!普通に可愛いこの画像の数々(6枚目) 
クオリティの高い、エロくてSexyで可愛い外人のコスプレ画像の数々!
クオリティの高い、エロくてSexyで可愛い外人のコスプレ画像の数々!(1枚目)  クオリティの高い、エロくてSexyで可愛い外人のコスプレ画像の数々!(2枚目)  クオリティの高い、エロくてSexyで可愛い外人のコスプレ画像の数々!(3枚目)  クオリティの高い、エロくてSexyで可愛い外人のコスプレ画像の数々!(4枚目)  クオリティの高い、エロくてSexyで可愛い外人のコスプレ画像の数々!(5枚目)  クオリティの高い、エロくてSexyで可愛い外人のコスプレ画像の数々!(6枚目) 
Sexy過ぎる人気コスプレーヤー『うしじま』の画像色々!【尻ドル】
Sexy過ぎる人気コスプレーヤー『うしじま』の画像色々!【尻ドル】(1枚目)  Sexy過ぎる人気コスプレーヤー『うしじま』の画像色々!【尻ドル】(2枚目)  Sexy過ぎる人気コスプレーヤー『うしじま』の画像色々!【尻ドル】(3枚目)  Sexy過ぎる人気コスプレーヤー『うしじま』の画像色々!【尻ドル】(4枚目)  Sexy過ぎる人気コスプレーヤー『うしじま』の画像色々!【尻ドル】(5枚目)  Sexy過ぎる人気コスプレーヤー『うしじま』の画像色々!【尻ドル】(6枚目) 
公然わいせつ寸前の超ミニスカフェチ画像
公然わいせつ寸前の超ミニスカフェチ画像(1枚目)  公然わいせつ寸前の超ミニスカフェチ画像(2枚目)  公然わいせつ寸前の超ミニスカフェチ画像(3枚目)  公然わいせつ寸前の超ミニスカフェチ画像(4枚目)  公然わいせつ寸前の超ミニスカフェチ画像(5枚目)  公然わいせつ寸前の超ミニスカフェチ画像(6枚目) 

Home

関連ジャンル
戦争
General AAS
General AAS
General AAS
General AAS
General AAS
General AAS
General AAS
1990 - 1999
Decade (feature_three_browse-bin)
DVD
Format (binding)
Browse Refinements
Custom Stores
マット・デイモン
マ行
トム・ハンクス
タ行
スティーヴン・スピルバーグ
サ行
戦争
アクション
海外の監督
海外の男優
外国映画
Stores
Special
By Directors
By Actors & Actresses
ジャンル別
DVD
foreignfilm
test
Refinements
COOP
Paramount Home Entertainment
外国映画
外国映画
¥1,501-¥2,500
¥1,500以下
価格別
劇場公開済
Release Status (feature_four_browse-bin)
戦争
アクション・アドベンチャー
ドラマ
DVD どれでも3枚で3,000円
DVD的名作映画100
gp
全商品
全般
総合
戦争
アクション
ドラマ
ユーズドDVD
jp-used

商品カテゴリ一覧

和書
By Formats
By Publishers
Featured Categories
Refinements
Self Service
Special
Stores
こども
アダルト
コンピュータ・インターネット
ジャンル別
ノンフィクション
ポスター
投資・金融・会社経営
教育・学参・受験
旅行ガイド
暮らし・健康・子育て
歴史・地理
社会・政治
科学・テクノロジー
語学・辞事典・年鑑
資格・検定
Matty式 足ツボ10分解毒マッサージ―予約困難のカリスマ足ツボ師が初めて公開する目的別セルフケア術

ポピュラー音楽
Featured Categories
Refinements
Self Service
Special
Stores
ジャンル別
ALL SINGLES BEST (通常盤)

DVD
Archive
By Actors & Actresses
By Directors
By Formats
By Writers
Import(輸入版)
Refinements
Self Service
Special
Stores
UMD
gp
ジャンル別
ブルーレイ
三谷幸喜
倉本聰
内館牧子
北川悦吏子
宮藤官九郎
次世代DVD
野島伸司
鎌田敏夫
Pure Smile 佐野夏芽 [DVD]

ソフトウェア
By Formats
By Makers
Refinements
Self Service
ジャンル別
Fate/Zero Vol.1 -第四次聖杯戦争秘話- (書籍)

おもちゃ&ホビー
3-Dパズル
By Age
By Characters & Brands
By Makers
Landing Pages
Refinements
Self Service
Special
Stores
gp
おもちゃのベストセラー
おもちゃ雑貨・手品
お絵かき・ねんど・シール
きせかえ人形・ハウス
ぬいぐるみ
ぬいぐるみ
ままごと・ごっこ遊び
アクション・スポーツトイ
カテゴリー別
カード・ボードゲーム
クッキングトイ
ゲーム
コスメ・アクセサリー
スポーツ・プレイトイ
トレーディングカード
トレーディングカード・サプライ
パズル
パーティー・手品
パーティー小物
ファッション・アクセサリ
ブロック
ブロック
プラモデル・模型
ミニカー・乗り物
メイキングトイ
ラジコン
ロボット・ソフビ人形
乗用玩具・三輪車
人形・ミニドール
変身・なりきり
変身・なりきりグッズ
学習・手芸・工作
学習・科学・工作
手芸・画材
文具・学用品
木のおもちゃ
楽器玩具
知育玩具
赤ちゃん
赤ちゃん・知育玩具
雑貨・インテリア
電子玩具
電子玩具・キッズ家電
電車・ミニカー・乗り物
くもんの世界地図パズル

スポーツ
By Gender
Stores
アウトドア
カテゴリー別
イガラシ エアーステップBB型 フットポンプ 日本製

ヘルス
Browse Refinement
Refinements
Self Service
Special
Stores
おむつ・衛生用品
アロマ・リラクゼーション
インナー・下着
カテゴリー別
ケース販売
バス・ケア用品
ヘルスケア
成人向け・アダルトグッズ
日用品
香水
のどぬ~るぬれマスク こどもマスクイチゴの香り 3枚入

ビデオ
Refinements
ジャンル別
のどぬ~るぬれマスク こどもマスクイチゴの香り 3枚入


オススメ商品
面白Goods
イチオシ商品
面白Goods

★イチオシ特集★


DVDランキングTOP9












ブログ記事一覧!

オススメ記事!
”超”飛び出す絵本『不思議の国のアリス』!
”超”飛び出す絵本『不思議の国のアリス』!
エロくてSexyなお尻フェチ画像色々!
エロくてSexyなお尻フェチ画像色々!


セクシーで可愛い上戸彩のおすすめグラビアDVD情報(THE COMPLETE 上戸彩、BEST LIVE TOUR、UETO AYA CLIPS・・・)
セクシーで可愛い上戸彩のおすすめグラビアDVD情報(THE COMPLETE 上戸彩、BEST LIVE TOUR、UETO AYA CLIPS・・・)


『Destination Calabria』のPVがSexy過ぎて音楽どころじゃない!
『Destination Calabria』のPVがSexy過ぎて音楽どころじゃない!


ミュージックお買い得特集

早い者勝ち!輸入ベスト盤【¥1,390均一】コーナー
各ジャンルのベスト盤が¥1,390均一で!早い者勝ちなのでお早めにチェックを!

ジョニ・ミッチェル特集
多くのアーティストに影響を与え、ビョーク、プリンスなど豪華な顔ぶれが参加したトリビュートアルバム『Tribute To Joni Michelle』も話題となったカリスマシンガーソングライター、ジョニ・ミッチェルの5年ぶりのニューアルバムほか

ニューリリース・予約 ポイント5%還元
注目の国内盤ニューリリースタイトルが5%ポイント還元!

【最大70%OFF】国内盤、輸入盤CDバーゲン
J-POP、アニメ・サントラ、キッズ・ファミリーほか




お勧めサイト!

All around(お役立ち情報)
yuru.uind.net
ブックマーク
マイルドちゃんねる
名無しアンテナ(´=`)

プライベート・ライアン [DVD]の関連商品

フルメタル・ジャケット [DVD]
フルメタル・ジャケット [DVD]
ブラックホーク・ダウン(買っ得THE1800) [DVD]
ブラックホーク・ダウン(買っ得THE1800) [DVD]
シンドラーのリスト スペシャル・エディション 【プ..
シンドラーのリスト スペシャル・エディション 【プ..
プラトーン (特別編) [DVD]
プラトーン (特別編) [DVD]
遠すぎた橋 [DVD]
遠すぎた橋 [DVD]
硫黄島からの手紙 [DVD]
硫黄島からの手紙 [DVD]
ショーシャンクの空に [DVD]
ショーシャンクの空に [DVD]
ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]
ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]
フォレスト・ガンプ [DVD]
フォレスト・ガンプ [DVD]
バンド・オブ・ブラザース コンプリート・ボックス ..
バンド・オブ・ブラザース コンプリート・ボックス ..

★戦争オススメ★


 フルメタル・ジャケット [DVD]
フルメタル・ジャケット [DVD]
¥1,500→¥991

 プライベート・ライアン [DVD]
プライベート・ライアン [DVD]
¥1,500→¥1,189


 戦う翼 [DVD]
戦う翼 [DVD]
¥1,980→¥992

 バルジ大作戦 特別版 [DVD]
バルジ大作戦 特別版 [DVD]
¥1,500→¥991

 レッド・アフガン [DVD]
レッド・アフガン [DVD]
¥1,480→¥991

 メンフィス・ベル [DVD]
メンフィス・ベル [DVD]
¥1,500→¥991

 硫黄島からの手紙 [DVD]
硫黄島からの手紙 [DVD]
¥1,500→¥991

 イン・ザ・ネイビー [DVD]
イン・ザ・ネイビー [DVD]
¥1,490→¥1,209


★ヒット商品★

FUKIISHI―吹石一恵写真集 (ヤングサンデーブックス)
FUKIISHI―吹石一恵写真集 (ヤングサンデーブックス)
傑作「凛」では表現されなかった、吹石一恵の女としての生々しい肉感が..

Hamilton Island―モーニング娘。写真集
Hamilton Island―モーニング娘。写真集
オーストラリアのハミルトンアイランドで撮影された、モーニング娘。と..

20/Vas‐y!―仲根かすみフォトエッセイ [DVD付き]
20/Vas‐y!―仲根かすみフォトエッセイ [DVD付き]
この本は買ってとても良かったと思う。まず値段が安い! DVDも付い..

鉄コン筋クリート ART BOOK シロside 建築現場編
鉄コン筋クリート ART BOOK シロside 建築現場編
劇中に使用された背景美術がこれでもか!ってくらいギッシリ詰まった一..

G・DEFEND(32) (冬水社・ラキッシュコミックス)
G・DEFEND(32) (冬水社・ラキッシュコミックス)
待望の新刊です♪ 国会警備隊(DG)の活躍を描いた当作品ももう32..

ハンドヒーリングで免疫力を高める
ハンドヒーリングで免疫力を高める
これこそまさしく現代医学の粋ではないだろうかと思ってしまいました。..

Cure
Cure
アイドルビデオとしては一般的な構成・つくりですが、それが返って磯山..

秋の童話 ~オータム・イン・マイ・ハート~ Vol.4
秋の童話 ~オータム・イン・マイ・ハート~ Vol.4
ジュンソとウンソの悲劇的な愛よりもテソクの無償の愛にやられてしまい..

GUNDAM FIX FIGURATION # 0013 ディープストライカー
GUNDAM FIX FIGURATION # 0013 ディープストライカー
何年か前に、センネルの設定資料集を見てディープストライカーにはまり..

好夏のタネ(3) [DVD]
好夏のタネ(3) [DVD]
好夏のメーキングです。オフショット中心で楽しめました。本編ではあっ..